xf1925061796l

成年後見人制度とは、介護保険制度導入と共に導入された制度です。 私たちの社会は契約社会で自由に契約できますが、判断能力が乏しい人は悪質商法の被害者になる恐れがあります。 この為に、このような方を保護する制度が求められていました。 従来も、禁治産者・準禁治産者という制度がありましたが、この制度は明治時代に作られて制度であり、差別的と批判もあり、この制度が新たな注目を浴びているのです。 当事者間の契約によって後見人を選ぶ任意後見人と、裁判所の手続きにより後見人を選ぶ法定後見人とがあります。浮気親権 任意後見人は、現在元気な人で、判断能力が衰える将来を考えて、自分で後見人を選ぶ制度で、あらかじめ後見契約をしますが、契約は必ず公正証書で行う必要があります。  法定後見人とは、すでに判断能力が失われており、自分で後見人を選ぶことが困難な為、家庭裁判所の審判により選任される後見人のことです。 判断能力の程度により、後見人・保佐人・補助人がいます。 任意後見契約は、その契約時点での本人の判断能力・健康状態により、即契約に移行する即効型・将来の判断能力に備えての将来型・判断能力が衰える前は、生活支援で、判断能力が衰えた後は任意後見人に移行し、後見事務を行う移行型があります。

xf1615028776l