成年後見制度とは

| 未分類 |

gf1950145872l

成年後見制度とは、事理の弁識能力及び判断能力の不十分な方を保護する為に作られた制度です。 古くは禁治産者制度と呼ばれていましたが、介護保険制度の見直しと共に名称含めて制度の見直しが図られ現行制度となりました。

この中でも弁識能力に応じて3つの類型に分けられています。 まず一つ目が、成年被後見人です。 成年被後見人とは、精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にあるとして家庭裁判所による後見開始審判を受けた人の事です。 成年被後見人の法律行為は、日用品の購入やその他日常生活に関する行為を除き、成年後見人による取消しが可能です。 但し婚姻に限っては後見人の同意を得なかった場合でも取消しは出来ません。

次にあげられるのが、被保佐人です。 被保佐人とは、精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分であるとして、家庭裁判所による保佐開始の審判を受けた人の事です。 被保佐人は、重要な財産に関する権利行為や訴訟行為、相続の承認、遺産分割と様々な面で保佐人の同意が必要とされ、同意無しで行われた行為は取り消すことが出来ます。

最後にあげられるのは、被補助人です。 被補助人とは、事理を弁識する能力が不十分であるとして、家庭裁判所による補助開始審判を受けた人の事で、新制度導入に伴い新たに導入されました。

いずれも家庭裁判所の審判による認定がされて初めて発生します。